トマト

私はトマトが嫌いです。小さい頃からあのツルツルの皮を噛んだあとブチュっと出てくるドロドロの中身の酸味がどうしても好きになれませんでした。それを母はどうしても克服させたかったらしくいつも私のお皿にトマトをのせて、食べなきゃご馳走様できないよ!と脅してくるのです。でも言われれば言われるほど、トマトに対する恐怖に似た感情が膨らんできて、トマトが怖く感じました。

しかしある夜、家族で行きつけの焼き鳥屋さんへ行きました。そこで私以外全員が必ず毎回頼むものがありました。それはトマトベーコン串です。ベーコンをトマトに包んであるそれは必ずみんなが頼むものだったし、私の嫌いなツルツルの皮がふやけて柔らかくなっていたこともあり、私はその串に興味が湧きました。母に美味しいのかと聞くと、母は気になるなら食べてみなさいとその串を私に渡すのでした。私は恐る恐る食べました。
正直すごく美味しかったです。焼いたトマトが甘くってベーコンの塩気がちょうどよくって、なにより嫌いなブチュする感じがなくて、すごく美味しかったです。
それ以来トマトベーコン串だけは食べられるようになりました。たまに無性に食べたくなります。キミエホワイトプラス